趣味と暇つぶし

喫煙者なんだが、タバコ美味しいというより単に時間を埋めるためのモノになってる事にようやく気づく。つかタバコ美味しいって感覚??基本、熱中できるものが全く無くまぁ無趣味なんだけれどもそういった余暇時間にやる事って読書でも音楽を聴くことも趣味というより時間を埋めるための暇つぶして言う方が強い。多分、趣味と暇つぶしって違うもんなんだと。もちろん暇つぶしで趣味の事をやる人もいるだろうが。

例えば子供の頃は、まぁそれなりにゲームをやってたがまぁアクションゲームとか鈍くさくて凄え下手なんだけれどもまぁストレスが溜まってたのだが、わざわざストレス溜まることを暇つぶしでやる??つか楽しいのそれ??と子供ながらに思い、どんどんゲームから離れていった。基本能動的にやることじゃなく、受動的なモノしか楽しめなくなってると言うことに気づき始めた。

そーいや最後にあー楽しかったぁて感覚はいつまで遡れば良いのか??と自分の記憶を紐解くと多分もう10 年くらい前になるのか?ロキノンのカウントダウンでフジファブリックを観た事かもしれん。と思い返していけばその後に行ったフェスやライブも楽しかったなぁと。サーファーキングとか銀河あたりだったようなセトリ。

勿論、読書やその他の今やってる暇つぶしも楽しくやってるのだが、最近遠のいてるフェスとか受動的であるが参加型の遊びを久々にしたいなと思った。

君と夏フェス

君と夏フェス