ドーナツプラネット

どうでも良いけれどから始める話は言った本人にとってはどうでも良くない。なんてたってどうでも良いと思ってる話をしないのだから、自分にとって。このどうでも良いは聞く側にとってのどうでも良いであり、何が言いたいかって言うと貴方方にとってはもしかしたらどうでも良いと感じるかもしれませんが私にとってはどうでも良いと雑に扱う事をしているように見せてはいるが気になっていることである。このどうでも良いの使い方に自分は割かし使いがちだから危機感と言えば良いのか。ンまぁこんな話自体、どーでもいいんだがと雑ににまとめたくなってしまっている。やはり危険だ。しかし、こんなん言葉の狩りだわなと自分に甘く使っていこうとは思う。つか口癖みてえになってるモノをいちいち狩っていたら何も言えなくなるわ。自分の言葉が息できなくなるだけ。